歯周病治療で気をつけておくべきこと

歯周病治療は、何よりも早期発見早期治療が一番効果的です。

症状がまだ浅いうちなら、いくらでも健康な口内環境を取り戻すことができます。ですが、歯周病が進行してしまっている場合には、いくら歯周病治療をしても症状が改善しないケースもあります。とくに歯がぐらついてしまっている場合には、その歯は抜かなければなりません。放置しておくと、そこから雑菌が繁殖をして、周りの健康な歯にまで被害を及ぼします。抜くべき歯は抜いて、残すべき歯は残していくのが歯周病治療のセオリーです。歯周病は自覚症状がないままに隠れて進行していきます。

自覚症状が出たときにはすでに中度から重度の状態である可能性が高いです。そのため、早期発見をするためには予防歯科に通うなど、まだ問題がないうちから十分な対策を取る必要があります。歯周病の予防には、正確なブラッシングが一番効果があると言われています。歯科医院に言って外科的な治療を施された後も、ブラッシングをしてそれ以上症状が進行しないように気をつけていきます。

自分でしっかり磨けていると思っていても、どうしても磨き残しが出ているものですから、一度歯科医院でチェックをしてもらうのがいいでしょう。歯周病の治療は、基本的には保険が適用になるので、それほど多くのお金がかかることではありません。ただ、保険外の治療でなら、エムドゲインなどの最先端の技術を使って歯茎の復元までしてもらえるのを知っておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *