終わりがない歯周病治療

虫歯の治療は、歯を削って詰め物をすればそこで終わります。

しかし、歯周病は虫歯のように削ったら終わりという簡単なものではありません。そもそも歯周病は、お口の中の細菌によって引き起こされる病気です。菌がいることで炎症が起き、歯茎が腫れたり、歯を支える骨が溶けていきます。痛みもなく進行していくのが特徴で、気づいた時には重症化していることが珍しくありません。歯周病治療は、お口の中をきれいにすることを目的に行われます。

お口に合った歯の磨き方の指導や、歯石の除去が主な治療になります。歯石は目に見える範囲の他にも、歯茎の中にも入り込んでいるので、何度も通院して取り除きます。歯茎の腫れは歯石の除去で消えていきますが、一度溶けてしまった骨はなかなか元の状態には戻りません。そのため、歯石を取るなどの治療をしても症状に改善が見られないときには、歯周病治療も外科的なものへと移行していきます。

余分な歯茎を切除したり、骨を増やすための再生療法もあります。再生療法には保険が適用されないために、自費扱いになりますが、骨の元になる物質を使ったり、患者さん自身の血液から抽出したものを使うことで、自然には戻らない骨の量を増やしていきます。症状が落ち着いても、歯周病治療は終わりません。細菌は常にお口の中にいるため、定期的に歯科医院に行く必要があるからです。面倒と思って行くのを辞めてしまうと、症状が悪化してしまうので、きちんと通うことでお口の状態を維持することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *