評判のよい歯医者とは。

評判の良い歯医者とは人物面と設備面の両方が優れています。

 人物面とは、院長を含め医院のスタッフ全員の人柄を指します。院長が真剣に患者さんと向き合っている、また、細かいところまで気を配っている姿は自然とスタッフに伝わります。そのため、スタッフ全員の人柄が、院長先生の人柄を表しています。スタッフの対応が親切、丁寧であれば、治療に対しても親切、丁寧である可能性が高いです。治療が親切、丁寧というのは 患者さんが納得できるまで、説明してくれるということです。歯科治療は悪い所を治すことが目的ではなく、原因と対策について患者さんに納得してもらい、一生歯を守ることが目的です。

歯のトラブルは毎日のケアが不十分で発生することが多いので、毎日ケアをしている患者さんに原因を理解してもらうことがとても大切です。そのためにはしっかりとした説明が必要になります。院長を含めスタッフ全員が患者さんと一緒に歯を守る事を考えてくれる医院が評判の良い歯医者といえます。  設備面とは、治療に必要な設備が十分であるか、また最新の設備を導入していることを指します。歯科治療は院長の腕が大事だと言われます。確かに設備が治療するのではなく、院長が治療するので、院長の腕の善し悪しが治療の善し悪しを決めます。

しかし、精密かつ適切に治療するにはある程度の設備が必要です。治療に不必要な設備が開発されることはありません。患者の苦痛を少なくする、院長が治療をしやすくするために開発された設備です。設備を導入することは患者さんと院長両方にとってメリットとがあり、治療に対して真剣に向き合っていることを表します。そのため設備を積極的に導入している医院が評判の良い歯医者と言えます。 このように、院長を含めスタッフ全員が患者さんと治療に対して真剣に向き合い、患者さんと一緒には歯を守ることを考えてくれる歯医者が評判の良い歯医者と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *